Blog

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

“Portrait of an Old Geisha” by Kanoko Okamoto

岡本かの子『老妓抄』


岡本かの子は谷崎潤一郎と同世代の作家である。裕福な家に生まれ、高校生の時に与謝野晶子の薫陶を受け、歌人としての道を志す。当時絶大な人気を博していた漫画家、岡本一平と結婚し、あの稀代の芸術家岡本太郎が長男である。川端康成はこの稀有な家族を「聖家族」と評し、芸術家としてお互いを高め合う理想的な関係であると羨望の眼差しを向けた。歌人、小説家、仏教学者としてのかの子の多面性が、彼女の人生を独特なものとさせた。


『老妓抄』は岡本かの子の代表作である。当時の批評家から絶賛を受ける。芸妓の道を引退した老妓が主人公。和歌を学んだり、電気などの新しい技術を積極的に取り入れていく好奇心旺盛の一面と、生気のない憂鬱な一面とが共存する一筋縄ではいかない人物。ある日柚木という名の若い男が電気の修理にやってくる。その青年の夢は発明家になること。その夢を実現させてやろうと老妓はその若い男を自分の家に住まわせ、何不自由のない生活を与えてやる。その動機は何なのか?若い人たちを全面的にサポートしているようで、失敗するのを見越しているようにも思える。人生においては失敗することにこそ価値があるのだと言わんばかりに。


物語の底流に一貫して流れているのは、一つの物事に専心しなければ大事は成し遂げられないということ。芸術至上主義を貫いた岡本かの子の芸術に対する真摯さ、峻烈さが垣間見える。


そして、この小説を独特なものにしているのは、結びの和歌であろう。主人公の心情が最も表されているというこの歌、真意は何か。


「年々に我が悲しみは深くしていよよ華やぐ命なりけり」


やはり、30代の自分では理解が及ばないところがある。10年後、20年後にまた読み直したい作品である。



“Portrait of an Old Geisha” by Kanoko Okamoto


Kanoko Okamoto is unique in that she was not only a fine writer, but also a waka poet and a Buddhist scholar. In her personal life, she got married with Ippei, who was one of the most popular cartoonist at that time, and her first son is Taro Okamoto, a renowned avant-garde painter. Yasunari Kawabata described this family of 3 as the “Sacred Family”, who respected and heightened each other as an artist.


This story is one of the most representative works of hers. If you have seen a movie of “Memoir of Geisha”, you will most certainly have a different impression of Geisha after reading the story. The protagonist is a retired Geisha whose insatiable curiosity prompts her to learn waka and learn the latest technologies. She one day decides to let a young man whose dream is to be an inventor live at her house. The enigma underlying this story is the reason why she does that. Is it an altruistic motive to just want to help young people? Or is it something else?


The story ends with a waka poem, which makes this story rather distinctive. Its original Japanese can be interpreted in several ways. I highly recommend this story to anyone who wants to have a glimpse of what the world of Geisha was like.


I had been a huge fan of Taro Okamoto. However, this story has made me interested more in his mother and her works. Kawabata was right. They were the sacred family.

3 views

Recent Posts

See All

“On The Highways: Taiwan” by Ryotaro Shiba

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
mail

© 2020 by ika.異化 all rights reserved.